この記事の所要時間: 48

ジョニーデップとアンバー・ハードの泥沼離婚劇が長期化の模様

ジョニーデップ、DV、嘘、真相、嫁、アンバー

女優のアンバーハードがパートナーだったジョニーデップから日常的なDVを受けていたという理由で離婚を申請し、泥沼化していることが大きな話題となっています。

DVを受けた直後とされる顔面にアザができたアンバーの写真画像が痛々しい姿を物語っていましたが、ジョニーデップからするとアンバーが作り上げた嘘だとか・・

あんなにラブラブだった二人ですが、やっぱり夫婦ってわからないものですね~すでに泥沼化している離婚騒動もジョニーデップは、速やかな解決を望んでいるようですが、やっぱりここで絡むのはジョニーデップの440億円ともいわれる資産分与なんでしょうね~

離婚だけならともかく、DV男なんてイメージダウンのレッテルだけはジョニーデップも避けたいでしょうね・・そんな泥沼離婚劇の真相は如何に・・

そこで、ジョニーデップとアンバーハードの離婚問題について気になるところを調べてみました!

 

ジョニーデップの娘や息子もDV否定・・さらには元嫁も証言で疑惑の真相は?

ジョニーデップ、DV、嘘、真相、嫁、アンバー

報道ではジョニーデップのアンバーへのDV疑惑が大きな話題となっていますが、この加熱する父親のDV報道に娘のリリーローズと息子のジャック子供二人は父親のDV疑惑を真っ向ら否定しています。

二人の子供から嫌われていたというアンバーだけに、子供の証言だけでは裁判で父親のDV疑惑を払拭することはできませんが、二人の子供の母で元嫁のヴァネッサ・パラディも「知り合って以来、彼から暴力(DV)を受けたことは一度もありませんし、結婚して14年間を共にした男性の話には思えません」と証言し、アンバーへのDVを嘘というか否定しています。

では、なぜアンバーはDVを受けたと証言し離婚を申請したのでしょうか?そこには色んな思惑が隠されているみたいです。

 

ジョニーデップのアンバーハードへのDVは嘘?・・目的はやはり資産?

Sponsored Link

現在、ジョニーデップはDV疑惑の真っただ中に立たされているために元嫁のアンバーハードへの接触は裁判所が禁じています。

そこで、二人はお互いに弁護士を立て離婚協議中とのことですが、そもそもアンバーが離婚申請をした理由は「ジョニーデップからiPhoneを投げつけられてアザができたことから離婚を決心した」とされます。

さらには15ヶ月に及ぶ結婚生活の中で感情的、身体的、言葉の虐待を受けていたと語り、毎晩のように酔っぱらってドラッグやタイマが常習的で正気でいたことが無かったとも告白しているようです。

しかし、ジョニーデップが雇った凄腕の弁護士ローラ・ワッサーの法的書類では「アンバーが離婚の金銭的な合意を得るために、ジョニーがDVをしたかのように主張した」と反論し、DV行為自体をまるで嘘のように取り扱っています。

仮にアンバーがジョニデのDVが嘘の証言としても、なぜここまでする必要があったのでしょうね~その目的はやはりジョニーデップの資産が結婚当初からの狙いだったみたいなことも囁かれています。

というものアメリカのセレブ同士では離婚の際、後々お金のことで揉めないように婚前契約を結ぶそうですが、この契約をジョニーデップとアンバーは結んでいなかったそうです。

婚前契約を結べば、離婚した際の慰謝料など事前に決まりますが、これを結んでないと上限は無いとされますので、アンバーはジョニーの結婚する前の資産も勝ち取れる可能性があるらしく、これが当初の目的とも言われています。

アンバーと結婚する前のジョニデップの資産は440億ともいわれ、一般人には、到底想像もできない金額ですが、やはりお金って持ってるに越したことはありませんが、持ちすぎも良くないみたいですね(泣)

いずれにせよジョニーデップのDV疑惑などは、これから行われる離婚裁判で真相が明かされるでしょうが、イメージダウンは免れない模様ですね・・

 

ジョニーデップのDV疑惑や真相について まとめ

ジョニーデップのDV疑惑などで泥沼化しているアンバーハードとの離婚について、アンバーが証言したDVなどは嘘とジョニーの二人子供や元嫁が反論しています。

ジョニーのDV疑惑の真相は、これからの裁判で明らかとなるでしょうが、すでにアンバーの黒い過去がほじくり返されたりもして全米の注目を集めているようです。

アンバーとジョニーの結婚は、年齢差も離れていたり、色々と先行きが不安なことが結婚当初から噂されていましたが、やはり長くは続かず、世間の予想道りの結果となったようですが・・

やはりジョニーデップの莫大な資産のお金に目が眩んでしまったということでしょうか・・・そんな泥沼化している離婚ですが速やかに解決するといいですね。

今後の行方にも注目したいと思います。