この記事の所要時間: 414

未来人の予想や予言はどうなった?・・・その後の進展

未来人、予言、予想、どうなった?、茨城県、地震、的中、真相、嘘、5月17日

3.11の東北地震や4.14熊本地震を予言もしくは予想?したとされる、にわか信じがたい存在で2062年の未来から来たとされる謎の人物である未来人。

最新の予言では2016年5月17日に南海トラフ地震が起き、日本に多大なる被害が起きると予言していたとされます。

そんな2062年の未来人の話は世のオカルトファンにとって現在も語られ、偶然かも知れませんが5月16日に茨城県で地震が起きたことにより、予言(予想?)が的中した!とネット上では大きな話題となりました。

そんな未来人が5月17日に2ちゃんねるに降臨するという話しがあったのですが、未来人は訪れたのでしょうか?

そこで、未来人について予想や予言がどうなった?のか・・その後の進展について調べてみました!

 

未来人の予言や予想は茨城地震?

未来人、予言、予想、どうなった?、茨城県、地震、的中、真相、嘘、5月17日

世のオカルトファンから長く語り継がれる未来人、彼は2010年11月に2ちゃんねるに突如、降臨しネット民にある予言(発言)をしたことで話題となった人物です。

2010年11月に未来人が忠告した暗号を解読すると「山に登れ」との言葉だったそうです、その翌年2011年3.11に忘れもしない東北地震が起きました。

降臨した際にネット民に彼は2016年4月15日に”再訪”すると約束し去っていきましたが、その前日に奇しくも熊本地震の地震発生により「未来人が来る前後に何かが起こる」と噂されていました。

そして4月15日に再び訪れた未来人はネット民と会話し次は5月17日に再び来ると言い残したことにより「5月17日に地震か何かが起きる」と予言(予想?)がネット上で拡散されたことで再び注目を集めました。

私も最初は信じてなかったのですが、ほんと興味を引く存在の未来人の話を調べるうちに・・どんどんハマって信じてしまったのですが、5月16日の茨城を震源とした地震でもうパニック!もしかして茨城地震が未来人の予言?と思った次第です(苦笑)

その5月17日に再訪するとされていた未来人はどうなった?のでしょうか

未来人関連記事

未来人の予言が的中?明日5月17日南海トラフ地震は嘘じゃない?

 

未来人の予言は的中?真相は嘘!!・・その後の進展

Sponsored Link

じつに興味深い未来人の予言の数々、オカルトファンじゃなくても信じてしまいますよね・・しかし肝心の5月17日に未来人は2ちゃんねるに訪れたのでしょうか?

そこには意外な真実がありました!もったいぶるのも何ですから確証が高い真相をストレートに言いますね!

 

2062未来人として5月17日来ると言ったのは偽物!

そして発言や予言は嘘!!

 

5月17日の朝8時頃に2ちゃんねるに「2026未来人として5月17日に来ると言った者ですーー」とのスレッドが立てられ、真相が明かされました。

スレッド主は「関西の新井さん」という方で、じつは熱烈な2062未来人のファンでした。新井さんは4月15日に再訪するとされていた未来人をネット上で他のユーザーと同様に楽しみにしていたそうです。

しかし、なかなか登場しない2062未来人にシビレを切らし・・過去のトリップを使用して未来人になりすまし他のユーザーの質問に答えていたたらしいです。

当初はちょっとしたイタズラ心だったようですが、あまりにも他のユーザーが未来人になりすました自分を信じてくれたことで気分が良くなり有頂天になってしまい、ついつい調子にのったそうですが・・

SNSや雑誌、ラジオに、多くのまとめサイトなどで”偽りの自分の発言が本物の未来人の言葉”として大きく取り上げられ、罪悪感でいっぱいになり後悔する日々を送ったことから真実を話すことに踏み切ったそうです。

ということで、4月15日に訪れた2062未来人は偽物で、奇しくもイタズラが現在までに語られた2062未来人の本物を超える話題となってしまったということが真実でした。

 

まとめ

これまで2062未来人が発言したとされる予言や予想は、本当のこともあると思いますが、2016年4月15日に2ちゃんねるに降臨した未来人は関西の新井さんという熱狂的な未来人ファンがなりすました偽物でした。

4月15日に訪れるはずだった本物の未来人が来ないことにシビレを切らし、未来人になりすました新井さんは自分の発言が他のネットユーザーに信じられたことから調子に乗ってしまいます。

そして本物の未来人以上に注目を集めます、そして、あらゆるメディアで話題となったことから、いつしか本物以上の存在となってしまったようです。

ちょっとしたイタズラが、とんでもない事態を起こすことは良くある話ですが、ここまで拡散された話が身近にあったことが信じられませんが・・・教訓として生かすべき話なのかも知れませんね!