この記事の所要時間: 434

・舛添要一都知事にネコババの新疑惑・・追撃の文春砲に大慌て?

舛添要一、ネコババ、説明、辞任、逮捕、新疑惑、文春

先日、週刊文春が報じた疑惑を会見で何とか言い逃れた舛添要一都知事に追撃となる文春砲が撃たれました!

今度は何でも”ネコババ”の新疑惑ということで、ネット上では大きな話題となっているようです。それもそのはずですよね東京都民はもちろんのこと、舛添都知事の前回の疑惑についての説明会見は誰もが納得するような説明を果たしていないのですから!

そんな舛添要一都知事に追撃の”ネコババ”の新しい疑惑とはいったいどんなものでしょうか?週刊文春が報じた舛添要一都知事のネコババ疑惑とは!

舛添要一都知事(67)に、また新たな疑惑が浮上した。舛添氏がかつて党代表を務めていた新党改革関係者が“告発”する。

「2014年の都知事選の期間中、舛添氏は新党改革から約400万円の政党交付金を“ネコババ”しています。新党改革を離党し、無所属で出馬したにもかかわらず、新党改革支部から自身の資金管理団体に政党交付金を移動させているのです」

この証言をもとに小誌特別取材班が取材を進めると、政治資金収支報告書の記載により、告発内容が事実であることが裏付けられた。

引用元:週刊文春

今度は400万円の政党交付金を自身の懐である政治資金管理団体に移動させているのですね!政党交付金は国民の税金ですから言わば血税・・ほんと叩けば叩くほど、次々に新しい疑惑が舛添都要一知事からは出てきますね・・

このネコババ疑惑ですが、舛添要一都知事は本来どの様に処理するべきだったのでしょうか?

「政党助成法によれば、政党本部、支部が解散した場合、余った政党交付金は国庫に返還するように定められています。ところが舛添氏は自らの資金管理団体に持ち逃げしており、返還逃れであると同時に公金の私物化です。政治資金規正法の趣旨に反します」

引用元:週刊文春

ようは政党交付金をちゃんと返還しとかないとダメだったのですね・・この追撃となる文春砲の”ネコババ疑惑”発覚により舛添要一都知事は”ネコババ都知事”とか今度は言われそうですよね(苦笑)

きっと今頃・・大慌てしてるでしょうね!しかしさすが週刊文春!徐々に疑惑を小出して舛添知事を追い詰めていますね・・もはや警察より頼りになる存在になっているのかも?と思う次第です。

 

・舛添要一都知事のネコババ疑惑を今度はどう説明?

舛添要一、ネコババ、説明、辞任、逮捕、新疑惑、文春

さすが週刊文春と言わざる負えない舛添要一都知事のネコババ疑惑の文春砲!今度はどうやって説明するのでしょうか?

現時点では、すでに舛添要一都知事に週刊文春が疑惑の回答を求めていますが都知事はいつものごとく・・

この疑惑について、舛添氏は事務所を通じて「事実関係を調査したいと思います」と回答したが、都知事選期間中の疑惑だけに都知事としての「正当性」が問われる事態となりつつある。

「週刊文春」5月19日発売号では、他にも舛添氏の様々な金銭疑惑について報じている。

引用元:週刊文春

また、時間稼いで弁護士と打ち合わせして証拠も見せずに言い逃れを考えているのでしょうか?そんな時間がかかるような内容でもないですよね・・

それとも、今回も会計責任者のせいにするような疑惑について説明会見を開くのでしょうか?観るものにとっては不愉快にというかイラッとくるような説明かも知れませんが注目はしたいですね。

 

・刑事事件に発展で今度は辞任?逮捕の可能性は?

Sponsored Link

舛添都知事の新たなる”ネコババ疑惑”は、お金を返せば済む問題なのでしょうか?はたまた辞任や逮捕の可能性はあるのでしょうか?

ごく一般的に400万も”ネコババ”というのはサラリーマンだったら横領事件に値し、お金を返しても会社はクビとなる訳ですが・・なんで都知事や国会議員には、こういう悪いことをしたらクビっていう処分が無いのでしょうか?

「政治家の進退は政治家本人が決めること!」

な~んて都合の良い逃れ方もあるようですが・・さすがに今度の”ネコババ”は刑事事件に発展ですよね?これは新党改革も告発するでしょう!

それとも”ネコババ疑惑”は週刊文春に告発ってだけで終わるのでしょうか?

前回、国民が納得できるような説明をしていないだけにネット上では批判集中!ほんと今回のことはヤバイですよね、さて警察が今度こそ動いて辞任や逮捕といった風になるのでしょうか?

ネット上では都民や国民に説明するよりも「政治資金規制法違反」で逮捕して、警察が真実を明らかにするべきだとの声も多いようですが、今後の行方はどうなるやら・・

前回の疑惑はコチラ!

舛添都知事が虚偽記載?!都民の血税で支払う家族旅行に文春砲!

 

まとめ

週刊文春が報じた舛添要一都知事の政治資金400万の”ネコババ”の新疑惑は大きな波紋を呼びそうです。

次々に出る舛添要一都知事の「政治とカネ」の問題、果たして今度の疑惑について、どう説明するのでしょうか?

また、この”ネコババの疑惑”で舛添都知事の辞任や逮捕の可能性は限りなくゼロに近いようです・・今のところは・・

しかしながら、舛添都知事には週刊文春の文春砲が次々に放たれますので、後出しの説明会見でいつまで言い逃れできるのでしょうか、その辺にも今後注目していきたいと思います。