この記事の所要時間: 47

スノーボード選手が大麻使用で除名処分!

スノーボード、大麻、除名、選手、誰、名前、稲村奎汰、角野友基

スノーボードの強化指定を受ける2選手が”たいま”を使用したとして、全日本スキー連盟から実質的な『除名』処分を下された2名の選手が誰なのかネット上で大きな話題となっています。

除名処分を下された選手が未成年ということもあり氏名の公表はしないということらしいですが、この人物はいったい誰なのでしょうか?

ネット上では稲村奎汰選手と角野友基選手では無いかとの情報もあります!

そこで、”たいま”使用による除名された選手の一連の騒動について調べてみました。

スノーボード男子選手の大麻使用発覚の経緯は?

全日本スキー連盟が今年に入り入手した情報をもとに、調査チームを立ち上げ調べを進めた結果。

スノーボード選手の2名が昨年12月にアメリカのコロラド州での遠征中に参加した知人のパーティーで外国人から渡された”たいま”を使用した疑いがあることが発覚しました。

調査チームのヒアリングにより1名は”たいま”の使用を認め、もう1名の選手は調査チームのヒアリングを2度に渡り拒否したそうです。

しかも、この選手は”たいま”の使用を否定しましたが、その後に行われた毛髪鑑定の結果、”たいま”成分が検出されたそうです。

いくら合法州での使用は罪などに罰せられはしませんが、スノーボードの世界では日常的に、”たいま”を始めとする違法ドラッグなどの使用も日常茶飯事みたいです。

未成年の”たいま”使用も問題ですが、今回の騒動はオリンピックなどのドーピング検査で”たいま”の使用が発覚し、後々で問題が大きくならないうちに危険要素を排除したということでしょうか。

除名のスノーボード選手は誰?名前は?

スノーボード、大麻、除名、選手、誰、名前、稲村奎汰、角野友基

ネットではすでに、この除名処分を受けた選手の名前が誰なのか、大きな話題となっています。

連盟が名前を公表しないことで、この処分を受けた2選手の名前が次々に出ており、中には関係の無い人物も挙げらています。

そのことからネットでは名前の非公表に対し色んな意見が飛び交っています。

色んな情報が飛び交っているなか、かなり有力視されている人物が2名いました。

除名選手は稲村奎汰選手と角野友基選手で確定か?

Sponsored Link

ネット上で挙げられている人物の中で、一番有力視されている人物というのが稲村奎汰選手と角野友基選手のようです。

一部では平野歩夢選手との噂もありましたが、スロープスタイル部門の選手であることから違うとの見方です。

強化選手から除外、しかも全日本スキー連盟や世界連盟が主催の大会には出場ができず、海外プロの大会のみしか出場できないことからいずれ名前が判明しそうなものですが・・

ただ、今回の問題は合法州での”たいま”使用ということで、ネットでは意見が別れているようです。

https://twitter.com/RasNobu/status/725012392178905092

念のために補足しますが、いくら合法州とはいえ21歳未満の使用は違法となります。日本では現行犯でお縄ちょうだいとなりますが、今回の問題は、どういう風になっていくのでしょうか・・

警察沙汰はありないと思いますが・・どうでしょうか?今後もその動向が非常に気になります。

まとめ

スノーボードの未成年選手2名がアメリカのコロラド州で大麻を使用したことで、連盟から除名いう重い処分が下された問題。

未成年ということで、名前が公表されませんでしたが、ソチ五輪にも出場した選手というだけあって大きな話題となっています。

かなり有力として挙げられている人物の名前は稲村奎汰選手と角野友基選手の2名のようです。

合法州での使用は問題ないとの意見も飛び交っていますが、問題は合法州で使用しても日本国内に入れば違法ですので認識の違いといったところでしょうか。

処分は非常に厳しいものですが、この2選手が海外のプロの大会など、大舞台で活躍できることを期待したいと思います。