この記事の所要時間: 33

ベッキーが現在の心境を週刊文春に手紙で告白?!

ゲス川谷、ベッキー、週刊文春、手紙、内容

世間をあっと驚かせたタレントのベッキーゲス川谷との不貞行為。タレント活動の全てを休止し自宅に閉じこもっていると噂のベッキーが『週刊文春』宛てに手紙を書き、現在の心境などを告白したそうです。

ゲス川谷とは対照的に多くの犠牲を払うことになったベッキーが『週刊文春』に宛てた手紙に綴った現在の心境とはいったいどんな内容なのでしょうか?

そこで、ベッキーが週刊文春に宛てた手紙について調べてみました。

ベッキーが週刊文春に宛てた手紙

ゲス川谷、ベッキー、週刊文春、手紙、内容

すでにネット上では『ベッキーから週刊文春に手紙が来た!』との見出しでニュースが流れています。

ベッキーがテレビやメディアから姿を消してからずいぶんとなりますが、週刊文春はこの1ヶ月もの間、所属事務所を通じてインタビューを申し込んでいたそうです。

しかし、ベッキーはこれに応じることは無かったそうです・・

ゲス川谷とベッキーの不貞行為を暴いた『週刊文春』はいわば敵みたいなものですが・・それでもなお、熱心にアポを取り続けるとは、さすが週刊文春といったところですね!

その、『週刊文春』にベッキーの直筆で書かれた手紙が所属事務所のサンミュージックプロダクションの社長を通じ『週刊文春編集部』に直接手渡しされたそうです。

週刊文春へ宛てた手紙の内容

 

Sponsored Link

ベッキーが『週刊文春』に宛てた手紙は現在の心境を5枚の便箋で書き綴られていたそうです。

その内容というものが、

川谷さんへの気持ちはもうありません。

文春さんで奥様が話された記事を読み、そこで初めて奥様のお気持ちを知り、自分の気持ちの整理がつきました。

 

う~ん、やっぱり燃料投下っぽい内容のようですね・・ベッキーの現在の心境なのでしょうから、あえてツッコミは無しとしても、ゲス川谷との関係をベッキーが謝罪した会見では友達関係でしたよね・・

しかし、この手紙には続きがありまして、その全容とは、ベッキー自身がゲス川谷との禁断の愛の核心を直筆で書いたものだそうです。

その手紙の全容は週刊文春の5月5日号で公開されるそうです!

ネット上の反応

ネット上では、すでに多くのコメントが寄せられていますが、やはりベッキーの謝罪会見での言葉やLINEの流出により失ったイメージを払拭できるようなものでは無いみたいです。

まとめ

ゲス川谷との不貞行為により活動休止に追い込まれたベッキーが週刊文春に現在の心境を手紙で告白しました。

そこに”川谷さんへの気持ちは、もうありません”と書かれていましたが、謝罪会見での矛盾なども明かされることになり再びバッシングの対象になりかねない内容となっているようですが、ベッキー自身が告白することで、ゲス川谷との不貞行為の真実が明らかとなりそうですね。

ベッキーとゲス川谷との不貞行為は決して許されるものではありませんが、願わくば、いつか復帰を果たしてもらいたいものです。