この記事の所要時間: 52

野球賭博関与を認め謝罪会見をした巨人・高木亮介氏の日本野球機構(NBP)への告発を受け、改めて球団が野球賭博問題の再調査を実施するとの方針が決められました。

高木氏の会見でも存在が明らかとなった、この問題のカギを握るとされる知人相手の飲食店経営者B氏にも当然ながら目が向けられることでしょう。

今回の高木氏の謝罪会見で、飲食店経営者B氏を「怖い人だと思い知った」と述べたことにより、この人物との関係は思わぬ展開へと向かうかもしれませんね。

そこで当記事では野球賭博問題のカギを握るとされる人物について調べてみました。

 

野球賭博問題・飲食店経営者B氏は越智大祐氏か?

野球賭博、飲食店、B氏、越智大祐、現在、経営者

高木氏の謝罪会見で飲食店経営者のB氏に関して「最初はいい人と思っていたが、本当は怖い人だと思い知った」と述べました。

ネット上では、この飲食店経営者のB氏は元・巨人軍の越智大祐氏では無いかと噂されていますが、筆者も越智氏では無いかと思っています。

その根拠は、野球賭博関与で昨年、処分を受けた福田聡志氏、笠原将生氏、松本竜也氏の三選手、笠原氏が知人相手とされる飲食店経営者のB氏を通じて賭けを行ったということでした。

高木氏に至っては笠原氏を通じて野球賭博をしていたがB氏との面識は無かったとされます、しかし賭博を辞めてから、このB氏が経営する店に同僚と行ったことから面識を持ち、野球賭博問題が発覚して後にB氏が高木氏の自宅に訪れたことからコンタクトを取るようになったとのことでした。

そして、野球賭博問題から関連の情報をまとめると。

・現役の巨人選手が通う飲食店(紹介しやすい店)
・清原選手の薬事件で明らかとなった巨人軍の賭け練習の実態(慢性的だった)
・飲食店経営者B氏は元・球団関係者との噂
・週刊文春より先に巨人がB氏に調査協力を打診していた。
・球団も知っている人物か?(元・球団関係者)

これらの情報に当てはまる人物が元・巨人の越智大祐氏しか該当しなかったからです。

そして、飲食店経営者のB氏を越智氏と断定して調べていくうちに気になる点がいくつか出てきました。

 

元・巨人の越智氏突然の戦力外通告は隠ぺいか?

野球賭博、飲食店、B氏、越智大祐、現在、経営者

元・巨人の越智大祐投手といえば、巨人入団から三年目で大きく才能を開花させリリーフエースとして活躍した選手でした。

五年目に難病の黄色靭帯骨化症で手術し、一軍復帰を目指しリハビリを懸命に行いますが、一軍に復帰することなく戦力外通告を受け現役を引退した選手です。

その当時は突然の越智氏の戦力外通告に納得がいかないファンが大騒ぎしたものです・・巨人と言えばケガなどしてリタイヤした選手を手厚く見守る球団だったからです。

その例を挙げれば、OBの桑田投手や吉村選手と比較してもらえれば、わかりやすいかと思います。越智氏は復帰すれば活躍は間違いない選手だったはずにも関わらず戦力外通告。

お金を賭けた練習を随分と前からしていたとの報道も最近になって明るみになった巨人ですから、もしかして越智氏はリハビリ期間中に黒い事でもしてたのがバレてクビだったのでしょうか・・・

 

B氏こと越智氏の現在は?失踪中?なぜ

Sponsored Link

飲食店経営者B氏こと越智氏の新たな情報ですが現在は失踪中との噂があります。

というもの野球賭博問題発覚後に麻布に「炭火焼肉エース」という店を構えていましたが、この店が閉店していることが判明しました。

店を閉店させた理由は定かではありませんが、一部では野球賭博問題が公となり刑事事件に発展した場合に備えたとかの噂もあります・・簡単に言うと飲食店経営者B氏こと越智氏が、それ系のスジの方との関与なら警察が絡むということですね。

店を閉める前の越智氏は変貌も凄かったのです、体にスミは入って黒い人との交際など、まるで清原氏と同じ・・現在は金銭的にも苦しいのか週刊文春に野球賭博情報を売っているのです。

この件に関してはコチラの記事をどうぞ!

野球賭博関与の高木京介が怯える知人相手の飲食店経営B氏は元・球団関係者?

そして今回、謝罪した高木氏にも脅迫みたいなことをしているようにも思われますね。

野球賭博、飲食店、B氏、越智大祐、現在、経営者

高木氏に至っては「幾度となく自宅や携帯にB氏から電話がかかってくるが怖くて出れない」と会見で述べたことから、B氏との関係に何かしらトラブルを抱えているようですね。

その越智氏の現在は週刊文春しか居場所は分からないのでしょうね・・しかし事件が刑事事件とかに発展したら、その後さらに5人目など、また発覚するのでは無いでしょうか・・

巨人の闇は深いような気がしますね・・・もはや球界の盟主も地に落ち、野球界全体がピンチですね・・

 

まとめ

NBPに告発された巨人・高木亮介氏の野球賭博関与の発覚は飲食店経営者B氏が週刊文春にネタを提供し、巨人の球団関係者に高木氏の野球賭博関与を取材したことから発覚した問題です。

週刊文春より先に巨人もB氏に調査協力を依頼していたが断られたとの情報があることから、スクープされる前に潰そうとした可能性も否めませんが、このB氏が球団も知る人物だったことには間違いなさそうです。

それらの情報をまとめると、野球賭博問題のカギを握る飲食店経営者B氏は元・巨人の越智大祐氏だと思われます。

越智氏に関しては経営していた店を閉めるなど、現在は行方知れずとのこと、金銭的にも苦しくなったことから週刊文春にネタを売ったのかも知れません。

しかし、この越智氏はどうやら背後関係がヤバそうなことから高木氏との間に何かしらトラブルを抱えているのかも知れません。

高木氏が会見で述べた通り怖い人物となっているみたいですので、今後、高木氏のご家族に危害がなければと祈るばかりでございます。