この記事の所要時間: 412

3月1日放送の「踊る!さんま御殿!!」に河村隆一さんが夫のタレントの河村公美さんが出演されます。

今回の「踊る!さんま御殿!!」は”有名人妻たちが大集合!夫の不満ぶちまけSP!”ということで河村公美さんが夫の河村隆一さんとの謎に包まれた私生活を暴露されるようです。

そこで、当記事では番組では知ることのできない河村公美さんと河村隆一さんとの謎の私生活に注目してみました。

 

河村公美プロフィールと結婚馴れ初め

河村公美、さんま御殿、河村隆一、神、私生活、暴露、謎

まずは河村公美さんをご存知でない方のために簡単にプロフィールをご紹介したいと思います。

河村隆一さんを夫にもつ河村公美さんの本名は佐野 公美(さの くみ)1980年8月26日生まれ。静岡県 富士市出身の35歳。2002年に第34回ミス日本グランプリを受賞するなど、清楚な美しさが特徴の美人です。

ヴィジュアル系ロックバンド”LUNA SEA”ヴォーカリストの河村隆一さんと2005年の秋頃からお付き合いをされ、2006年1月23日に結婚をされました。

二人が結婚するまでの馴れ初めが実に興味深く、公美さんがと河村隆一さんは交際期間中にデートすることもなく河村さんの家に行ったこともなかったらしです。

しかも河村さんが公美さんのために社宅扱いで20平米くらいの部屋を借りてくれたらしく、そこでちょっとした「ソフト軟禁」だったようです・・(苦笑)

まぁ、公美さん本人が全国放送でエピソードとして話しているのですから本当でしょうね・・その内容とは

・河村さんは公美さんために借りた部屋にいつも入り浸り。

・鍵は渡されずマネージャーが管理。

・財布を持たせてもらえない。

・友達との付き合いを断たせる。

さらに3ヶ月ぐらい親にも会えなかったそうで、やっと実家に帰らせてもらった時には一緒に河村さんがついていき「結婚するんでよろしくお願いします」と公美さんの父親に告げ、なにも聞いていないうちに結婚が決まったらしいです。

私生活も謎すぎるみたいですが、結婚までの馴れ初めも、はたから見ると不思議な感じですね(笑)

 

夫・河村隆一を「神」とあがめる謎の私生活とは?

河村公美、さんま御殿、河村隆一、神、私生活、暴露、謎

2015年に芸能界に復帰した河村公美さんは出演するテレビ番組で夫・河村隆一さんとの謎すぎる私生活を暴露されネットでは話題となっています。

そのミステリアスな私生活を垣間見ることができるのが、夫である河村隆一さんを神とあがめ「神である夫に仕える巫女のようなもの」と自身を例えておられるところにあります。

河村隆一さんのことを「穏やかで仏様みたいな一面がある」とし「カチャっと変面みたいに変わる」「お前の言ってることと真実の間には100万光年の隔たりがある」と歌詞のようなセリフで怒られることも明かされます。

結婚してから嫌なことは無かった?との問いに公美さんは「私のレベルだと隆一さんの考えは分からない」とし、神とあがめる夫を敬愛しているそうです。

ネット上では、この公美さんの発言に様々な意見があるものの、なんというか自他とも認めるナルシストの河村隆一さんのイメージに合わせたようなシュチュエーションっぽいですよね(苦笑)

 

さんま御殿でミステリアスな夫の私生活を暴露?

Sponsored Link

今回、出演される「踊る!さんま御殿!!」で河村公美さんは夫の河村隆一さんのミステリアスな私生活を暴露されます。

その内容の一部を紹介すると、河村公美さんは結婚してから現在までに夫・隆一さんのそばに座ったことが無いらしいのです・・結婚して10年そんな夫婦聞いたことがない!と思う方もいるでしょう。

しかし、そんな話は序の口で公美さんは夫と現在までに片手で余るぐらいしかキスもしていないそうです・・これは夫の河村隆一さんが「のどの方が大事」ということで最初の1年間しかキスはしなかったからだそうです。

そんなミステリアスな私生活を暴露し共演者を唖然とさせられますが、これが河村家にとっては普通ですから驚くことはあまりなさそうです(笑)

また、今回の「さんま御殿」では、他にも夫の行動「トイレに行く時は、机に携帯を置いていく!」など河村隆一さんの私生活の一面を暴露されるようです。

 

まとめ

踊る!さんま御殿!!に出演される河村公美さんは夫・河村隆一さんを「神」とあがめ自身を巫女と例えるなど、はたから見るとちょっと不思議ちゃんな部分が垣間見れます。

河村隆一さんとの結婚馴れ初めや、結婚してからの私生活も普通では無いような気がしますが、公美さんも幸せそうなことから、こういう夫婦関係もあるのかと気づかされました。

そんな河村公美さんと隆一さん夫妻の幸せそうな結婚生活や時折、暴露される私生活を楽しみにこれからも見守りたいと思います。