この記事の所要時間: 520

ドラマ「怪盗山猫」に出演している若手女優の広瀬すずさんの演技が凄いと早くも視聴者の間で話題となっています。

広瀬さんといえば、昨年とあるバラエティー番組でスタッフを軽視するような発言をしたことでバッシングを浴び、ネット上で抗議活動が起こるなど一時は芸能活動すら危惧されましたね。

そんな彼女ですが、ドラマで見せる迫真の演技により視聴者をうならせることで、どうやらアンチも虜にしているらしいのです。(ドラマを見ている人には広瀬すずの演技を目の当たりにしていると思いますが、ともかくハンパないですよね!)

 

そこで、当記事では現在放送中のドラマ「怪盗山猫」出演している広瀬すずさんに注目してみました!

 

 

広瀬すず出演のドラマ「怪盗山猫」とは?

広瀬すず、山猫、演技、アンチ、バッシング、払拭、可愛い

広瀬すずさんが出演する「怪盗山猫」とは犯罪に手を染めて私腹を肥やしているような悪徳者からのみ盗みを働き、その悪事を暴いていくという主人公・怪盗山猫を中心に、次々と事件が展開されていくというもの。

『怪盗山猫』の原作は、押永学先生の小説『怪盗探偵山猫』で主人公の怪盗”山猫”を演じる亀梨和也さん共演の成宮寛貴さん、菜々緒さんといった豪華なキャスト陣が時にはシリアスに、時にはコミカルにといった感じで描く話題のドラマです。

回を増すごとに明らかとなっていく人間関係や主演の亀梨さんや成宮さんのコミカルな役もウケ、1話完結型のドラマストーリーも視聴者には好評です。

ドラマ「怪盗山猫」で広瀬すずさんが演じるのは、女子高生天才ハッカー・高杉真央というヒロイン役。

IT企業の父の不倫をネット上に流出させたことで母親が精神を病んでしまい親子バラバラになり、自身が壊した家庭というか罪滅ぼしのために父親の犯罪に手を貸すというネガティブキャラ。

山猫たちの邪魔をするという存在の彼女は内向的な性格設定ということもあり、学校ではイジメられっ子で孤立しており一切の笑顔を見せない役柄に・・なんというか本来の彼女の可愛さの欠片もありませんでした(笑)

 

 

広瀬すずの演技がハンパなく凄い!

広瀬すず、山猫、演技、アンチ、バッシング、払拭、可愛い

そんな広瀬すずさん演じる高杉真央は第1話の終盤に亀梨さん演じる山猫から過去の罪と向き合わなかったことを責められますが、犯罪に手を貸すことを自分のしょく罪として正当化している彼女は受け入れません。

そして亀梨さん演じる主人公の山猫が「笑わせるな」という言葉を吐き、彼女を床に叩きつけるという暴力で攻撃しながら更に糾弾します。

それに対し真央は「あんたに私の何がわかるの!」「うるさい!黙れ!」と、山猫の胸ぐらを掴みながら絶叫して反論します。金切り声に近い怒号をあげ、地団駄を踏み、髪を振り乱しながらにらみつけます。

とても17歳と思えない鬼気迫る迫真の演技で視聴者の度肝を抜いたドラマでの掛け合いは、広瀬すずさんの普段の可愛さから想像も出来ない壮絶なシーンでした。

放送直後のネット上には

「広瀬すず・・演技すごすぎ…」「驚いた」「いつものすずちゃんじゃない!」「舞台みたいな迫力」「すずちゃん目死んでる」「亀梨もすずちゃんもうまいなあ」「亀梨くん手加減しない…すごい…」「笑顔とのギャップがいい」「俺的今期ナンバーワンドラマかも」「あのシーンがすごすぎて『嵐にしやがれ』が頭に入ってこない」「『答えは雪に聞け』のすずちゃんとほんとに同じ人??」「演技の振り幅広すぎな」「ア然としてしまった」「17歳でこの演技力なら将来バケモノだな…」

こんな投稿が多くあげられ、広瀬すずの演技がいかに凄かったかを物語っています。

私もあのシーンを目の当たりにして、17歳とは思えない演技力に驚き唖然としてしまいました(笑)

 

 

演技力でアンチのバッシングを払拭?

Sponsored Link

冒頭に記述しましたが、広瀬すずさんは昨年6月にとんねるずの「食わず嫌い王決定戦」という番組に出演した際に映画やドラマ、テレビに携わるスタッフについて質問されると

「どうして、生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう」

「なんで音声さんは自分の人生を女優さんの声を録ることに懸けてるのだろう」

スタッフを軽視したような発言をしたことでネット上でバッシングを受けることになります。

その背景にはドラマや映画に出演するも可愛い「アイドル的な女優」としてのイメージが強かったことから、「実力もそこそこの可愛いだけの小娘が一生懸命働いている大人(スタッフ)を馬鹿にした」といった書き込みが発端で炎上します。

彼女はそんなつもりで発言したのでは無いでしょうが、アイドル女優的なイメージから生意気な発言に受け取られたのでしょう。

この発言はネット上で日増しに大きな波紋呼び、広瀬さんもツイッターで謝罪するなどしましたが収集がつかない状況まで発展してしまいました・・

そんな彼女ですが「怪盗山猫」で見せた鬼気迫る迫真の演技にアンチも沈黙しています。

二極両論の世の中ファンもいればアンチもいる、好意的なコメントには反好意的なコメントもありますがこの演技に関しては流石のアンチも攻撃的なコメントができないでいます。

可愛いアイドル女優から脱却しドラマで見せる演技により多少なりともアンチによるバッシングを払拭したと言えるでしょう。

 

 

まとめ

現在放送中のドラマ「怪盗山猫」で迫真の演技を見せた広瀬すずさんは、これまでのアイドル女優的な世間のイメージから若手の実力派女優にイメチェンしそうです。

そんな彼女は昨年、自身も携わる身近なスタッフを軽視するような発言をしたとネット上で炎上し、それ以降何をやってもバッシングされるという過酷な状況を経験されています。

今年も数多くの仕事を抱える若手女優の広瀬すずさんがドラマ「怪盗山猫」で見せた迫真の演技に将来が末恐ろしい17歳の可能性を垣間見たような気がします。

まだまだ、あどけない可愛さが残る広瀬すずさんの今後の活躍にも期待し、どんな女優さんになるのか楽しみに見守りたいと思います。