この記事の所要時間: 513

2016年の幕開けはベッキーの不倫疑惑を報じた週刊文春のスクープから始まりました。

まだ、年も明け二ヶ月目だというのにタレント・歌手・政治家などのスクープの連発・・もはや週刊文春以外の情報は信用できないってくらいの勢い本当に凄いですよね。

そんな2016年まだ始まって間もないですが、週刊文春のスクープをまとめてみました。

 

 

ベッキー&川谷絵音の不倫疑惑でテレビから消える

ゲスノート、呪い、ゲス、川谷

2016年週刊文春のスクープは絶大な好感度を誇ったタレントのベッキーとゲスの極み乙女の川谷絵音の不倫疑惑を報道から始まりました。

ベッキーがゲス・川谷絵音と二人で長崎の実家に行ったところでのスクープでしたね、週刊誌で報じられる前にベッキーが謝罪会見を開きましたが、あの会見が全て騒動を大きくしたように思えますね・・

正直に好きになった人が妻子持ちだったと言ってれば、もうちょっと違った結果になったのではと個人的に思いますが・・・

LINEの流失やら次から次に出てくる衝撃の内容に何を言ってもダメなぐらい叩かれましたからね。

この不倫疑惑でベッキーが失ったものは計り知れないですね・・ましてや損害もハンパなく5億円にのぼると言われています。

ちょっとした火遊びが大ヤケドとなったベッキー。好きになった相手が悪かった!まさにゲスのような人でしたね略奪すらならず、どうやら二人が一緒になることも無さそうですね。

 

個人的には不倫は道徳上問題がありますので何とも言えませんが、全てを失い損害賠償も払うとなればベッキー可哀想ですね・・いつかほとぼりが冷めたら元気な姿でも見せてほしいものです。

 

 

甘利大臣 収賄報道で辞任

ゲスノート、呪い、ゲス、川谷

現職の環境大臣だった甘利氏が関与したとされる収賄報道。やはり政治と金の問題は無くなりませんでした。

この報道も週刊文春のスクープにより実名で報じられたことから大きな報道となりました。

現職の大臣の中では知名度も人気も高かった甘利氏が口利き料として金銭を受け取ったとされるものですが、政治資金収支報告書に期ズレで計上したり秘書による収賄が発覚しました。

しかし疑惑は完全に払しょくされませんでしたが、潔く大臣を辞任するということで責任を取り決着を図ったことで、その後は大きく報じられることはありませんでした。

一応、自身の収賄疑惑については否定されたものの秘書が関与した収賄は言い逃れできるものではありませんでしたね。

 

甘利氏に関する一連の報道も全て週刊文春のスクープにより、次から次に問題が発覚したようですが政治の記者クラブに所属している所は本当に何をやってるんだろうと・・という疑問も改めて浮き彫りになった報道でもありますね。

 

 

宮崎謙介衆院議員 不倫で辞任

Sponsored Link

自民党の宮崎謙介衆院議員といえば、妻の金子恵美さんも衆院議員政治家で身重だったため政治家として初めて育児休暇を取ると公言し一躍注目された人物でした。

国民の信頼を得て国会議員に選ばれた立場にある人が、なんと妻の出産直前にグラビアタレントの宮沢磨由さんとの不倫を週刊文集にスクープされたのでした。

しかも不倫疑惑を直接問いただそうとした記者から逃走もしたということで更に過熱して・・とうとう辞任。

奥さんもたまったもんじゃ無いでしょうね・・子供も生まれ幸せな家庭を望むはずが旦那が不倫、そして辞任で無職になるという悲惨な結果。

しかも自身も国会議員ですから有権者への説明とかも必要でしょうし・・ほんと軽い火遊びが大ヤケドですね。

この宮崎謙介・元衆院議員は複数の女性との関係も示唆されていますので今後、週刊文集の第二弾でどう報じられるか注目されています。

 

ベッキーの不倫で明日は我が身と思わなかったのか?ってくらい危機感が無いというか論外な政治家は二度と当選出来ないでしょうね・・

 

 

次にスクープされるのは誰?清原事件の関係者?

SMAP解散、現実、真実、問題

2016年は週刊文春のスクープがまだまだ連発しそうな予感がしますよね。

ここで次にスクープされるのは誰か予想したいと思います!

個人的な予想でいくと、野球界のスターだった清原和博も週刊文春のスクープにより過去、白い粉疑惑を報じられたことでも知られています。

現在、取り調べを受けている清原の交友関係も当然ながら捜査されるのは間違いないでしょう。

そこで、あくまでも個人的な予想として、清原と関係ある大物俳優や大物歌手といったところが週刊文春が次に狙うスクープなのかなと・・個人的に興味もあるのですが。

清原と関係が噂されている大物歌手といえばネット上では長渕剛さんの名前が多く聞かれています・・嘘であってほしいのですが・・

過去を大麻所持していたことと清原が現役だった頃に兄弟分として付き合いがあったことからとの噂ですが、すでに絶縁状態にあったとも報じられていますね。

真実は未だ闇の中ですが、その辺が次にスクープされるのかも知れませんね。

 

 

まとめ

一歩間違えば名誉棄損などで多額の賠償を請求される危険性もあるにも関わらず、ものすごいスクープを連発させている週刊文春って凄いですよね!

2016年に入り注目される人たちの裏の顔が次々と週刊文春のスクープにより暴露されていってますね・・今年は申年がゆえに、はしゃぐというか妙に飛ばし過ぎている感があり、もっと荒れそうな予感がします。

各社で取り扱うスクープの中でも週刊文春は特にヤバイですね、デーブ・スペクターさんがテレビで言ってましたが現在の週刊文春の編集長がいる間は大人しくしてた方が良いと・・まさにその通りだと個人的に思います。

そんな週刊文春、次は誰をターゲットにしているのでしょか・・・個人的に興味がある今日この頃です。