この記事の所要時間: 47

競馬好きのタレントとして活動されている見栄晴さんが1月25日(月)放送の「しくじり先生」俺みたいになるな!3時間スペシャルに出演されます。

番組では見栄晴さんの”だらしなさ”でとんねるずに嫌われた過去やこれまでの人生経験をレクチャーをされたようですが、あまりの酷さにオードリー若林さんが思わず見栄晴さんに対しクズ!とツッコまれたようです(苦笑)

 

当記事では、しくじり先生に出演される見栄晴さんの番組では知ることの出来ないエピソードなどに迫ってみました!

 

 

 

見栄晴って?

 

見栄晴(本名:藤本正則)は1966年11月13日生まれ、東京都府中市出身の49歳。

1982年に放送された萩本欽一さんの「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で欽ちゃんの息子「見栄晴」として出演し平凡な顔立ちながら、どことなく憎めない奔放さが人気を博し、欽ちゃんの息子として一躍人気者となりました。

当初は本名の藤本正則で活動していましたが、番組の終了後にも欽ちゃんの息子「見栄晴」のイメージが強く残り、何かしら話題になると「欽ちゃんの息子」と呼ばれて紹介されることが多かったので、見栄晴として改名し活動されるようになりました。

 

大の競馬好きとしても知られる見栄晴さんタレントとしての活動は現在、競馬番組や麻雀の番組がメインといったところでしょうか。

 

 

 

見栄春はとんねるずに嫌われていた?

 

昨年、とんねるずの木梨憲武さんのイタズラによって、フジテレビ系音楽特番『FNS歌謡祭』で歌手の藤井フミヤさん、タレントのヒロミさん、とんねるずの木梨憲武さんが歌うステージ上でただただ立ち尽くし、ボー然とした見栄晴さんをご存知でしょうか?

後にトレンドワードで急上昇するなど注目となったこのイタズラ。なぜ、あんな大舞台で木梨さんに見栄晴さんはイタズラされるのかというと、じつは過去にとんねるずの番組「生でダラダラ行かせて‼」に準レギュラーとして出演してことがある見栄晴さん。

木梨憲武さんと共通の趣味である競馬が縁で盛り上がって仲が良くなり、木梨さんの計らいでとんねるずの番組に出演していたのですが、とある理由でとんねるずの怒りを買ってしまい番組に出演できなくなりました。

それからというもの、すっかりイジられキャラになった見栄晴さんは、ことあるごとにイタズラをされるそうです。

 

まぁイジられても怒らない見栄晴さんは、さすがと言うべきでしょうか(笑)

 

 

 

若林もクズとツッコむ見栄晴のしくじり授業とは?

Sponsored Link

「しくじり先生」でオードリーの若林さんにクズとツッコまれる見栄晴さん、じつは親に肩代わりしてもらった借金が700万だったと明かしています。

見栄晴さんは父親は幼少の頃に無くしており母親の手一つで育てられました、その感謝すべき母親に自ら作った借金を肩代わりさせるなど、本当に酷い生活をされていたようです。

なぜ、そこまでなったかというと、見栄晴さんは無気力のまま生きてこられたみたいです。(現在は違いますよ!)

とんねるずの怒りを買った原因というのも「無気力でやる気が無く」「人に指図されないと動かない」というだらしなさが招いたものです。

俳優としても「演技の勉強をしなかった」ため、俳優としても活躍できずにいたそうです。

演技の勉強はしない、借金は親に肩代わりさせる、やる気は見せない、自ら動かない・・・そんな無気力に過ごしてきた、ことから若林さんにクズですよ!と言い放たれたのでありました。

 

まぁ現在は結婚もされ娘さんもいることから、クズと言う言葉は公共の放送で言い過ぎかも知れませんが、最低な人生経験談ですよね・・まぁそれがしくじり先生という番組の主旨ですから仕方ないか(苦笑)

 

 

 

まとめ

しくじり先生でオードリーの若林さんにクズとツッコまれる見栄晴さんは若い頃から無気力に過ごしたせいで、何にしてもやる気が無く、人に指図されないと動かないことから、とんねるずにも嫌われたようです。

現在は結婚もされ娘さんもいるそうで、無気力だった生活から脱却され、家族を養うためにまっとうな生活をされているようです。

そんな見栄晴さんが出演される「しくじり先生」俺みたいになるな!3時間スペシャルは1月25日(月)19:00~の放送となっております。

番組ではネットで知られない見栄晴さんのエピソードにも期待したいものですね!